神奈川のベビーシッターは質が高く、利用した神奈川の家庭からも高い評価を受けています。それでも、もっと多くの家庭でベビーシッターを利用しないのはなぜでしょうか。一番の問題は料金です。1対1の個別保育になるので、集団保育より料金が割高になるのは、明らかなことです。

けれども諸外国では、ベビーシッターは生活に根ざし日常的に利用されています。この欧米との差は、日本の保育は施設型を中心として発達してきたという、背景があるからです。日本の育児は身内でという、風潮がありました。保育園へ子供を預ける習慣は、たとえば母子家庭などでお母さんが働かなくてはならない、実情に合わせて始まったものです。

そのため国からの補助も、保育園のような施設には援助されますが個別保育に関しては、一切されていないのです。高料金のため神奈川でベビーシッターを頼むのは、贅沢という考え方もあります。その考えの下には男は仕事、女は家事、育児という役割分担の日本的な考え方が根強くあって、リフレッシュなどの一時的な育児からの開放はわがままと決め付けられているのです。子供は未来の担い手です。

昭和30年代、40年代のように地域の連携の中で子供が育っていくという状況が難しくなりつつある時代に、社会全体で子供を育てていこうという機運も高まっています。親にとっての子育ての負担を少しでも軽くするために、その家庭のニーズに合わせて集団保育も個別保育も、自由に選べる体制が臨まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です