名古屋は中部地域でも多くの大企業が進出しているため、とりわけ、共働き夫婦の多い地域であり。待機児童にかかかる問題も深刻であり、幼稚園や保育所の不足が続いているのが事態です。自治体としては、こうした事態を重く受け止め、保育施設の誘致や建築に取り組んでいるところですが、男女高機会均等法の施行以降、さらに共働き夫婦は増えており、名古屋においても追い付いていないのが現状です。こういった社会環境において、注目されているのがベビーシッターであり、新規に始める人も増えています。

というのもベビーシッターについては、保育士や幼稚園の先生とは異なり、国家資格を取得する必要はありませんから、参入しやすいというメリットがあります。しかしながら、保育に関する仕事の経験が全くない中で仕事をすることは非常にリスクの大きい事であり、また、ユーザーからの信頼を得ることができません。そこで注目されるのが、全国保育サービス協会が主催する認定資格です。協会が主催する認定資格のメリットは、有資格者となると同協会のリストに掲載されることです。

最近では、自治体も市民にベビーシッターを紹介する際には、このリストを活用していますから、仕事が増えることにもつながります。また、協会が開催している研修についても、参加者からは非常に好評を得ています。名古屋においては、今後ますます、ベビーシッターの需要が高まることが予想されますが、安心して子供が預けられるベビーシッターを探し出すことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です