名古屋のベビーシッターの専門会社では、依頼者がどんな保育形態を希望しているのか日時と時間、保育の場所、ベビーシッターに対する資格や、年齢の希望などを細かく聞きます。依頼の内容がわかれば、スタッフの中から最適な人材を選んで派遣することになります。まずスタッフのスケジュール調整が行われ、同時に依頼者の希望に沿った適任者が選ばれていきます。選ばれたベビーシッターは、名古屋の依頼者に直接連絡をして自己紹介をします。

依頼者の家庭の方針、子供の状況などを詳しく聞きます。こうしてあらかじめ情報を得た後で、依頼者の家庭に赴いていきます。シッターが依頼者の家庭で働く期間は1週間に2~3回という条件が最も多く、毎日の場合とあわせると定期的な派遣が約半数になります。また1回の保育時間は2時間以上3時間未満の場合が最も多く、5時間以下の利用がほとんどになります。

名古屋にあるシッター会社では、全国ベビーシッター協会が基準としているシッターの資質の向上、利用者に対する情報提供、子供を育てる家庭の支援と福祉の推進を目標にして、常に努力と注意が払われています。おかげで日本のシッターは世界的に見ても、とても高レベルといわれています。基本的にはこの仕事は他人の子供を預かる仕事なので、子供とその家族のことをよく知っておくことが求められます。大切な命を預かるということの重大さを、きちんと理解しておかなければ勤まりません。

常に子供をいつくしみ育む、豊かな心を持つことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です