現在名古屋でベビーシッターに従事している人たちは、幼稚園の先生や保育士、小学校教諭など保育関連の資格を持っている人が多くいます。こうした名古屋の人たちが、なぜ保育園や幼稚園小学校へ就職せずにベビーシッターを選んだのでしょうか。なぜかというと、赤ちゃんやこどもと1対1で付き合えるからという理由の人が、ほとんどになっています。また子供を一方的に教育するというよりも、生活の中で一緒に育っていくことにやりがいを感じるという声も多く聞かれます。

集団保育には、社会性を身につけるという利点がありますがベビーシッターのような、1人を対象とした保育には1人1人の発達やその日の状態に沿った保育ができるという、すばらしい利点があります。名古屋のあるベビーシッターは、1人の子供に生まれたときから小学校卒業までかかわったといいます。このようにベビーシッターは、保護者の次に大事な第二の親にもなりうるという、重要な職業になります。かつてのこれらの業務の多くは、家政婦紹介所が行っていました。

専門的に育児をするというよりは、家事代行の一部として請け負っていました。現在ではシッター会社が登録している専門のシッターを派遣していますが、このようなシステムが生まれたのは70年代になってからのことです。今からシッターを目指すのならば、専門の会社を選ぶのが最善の方法になります。名古屋をはじめ全国には、多くの協会加盟の専門会社が存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です