子供と触れあう仕事がしたいと思った時に、真っ先に候補に挙がるのは保育士や幼稚園教諭です。しかしこれらの職業は資格が必要で有り、思い立ったらすぐに働けるものではありません。しかし、ベビーシッターであれば特別な資格は必要が無いので、チャンスがあれば明日にでも働き始めることができます。現在のところ、主な就職先はベビーシッター会社へ登録をして契約社員やパートとして働く方法が一般的です。

特定の資格が必要無いとは言え、子供の命を預かる仕事ですので、登録時に幼稚園教諭や看護師資格があると有利に働きます。該当の資格を持っていない場合は、ベビーシッターの民間資格である「認定ベビーシッター資格」を取得していると、就職先を探す時に有利になるなどのメリットがあります。日本ではあまり普及していないサービスではありますが、昨今の共働き世帯の増加による保育園不足などを背景に社会的なニーズは高まっている職業と言えます。育児経験の有無は、面接の際に確認されることが多いようですが、実際の経験がなくても子供に対する熱意ややる気をアピールすることで採用に繋がるケースも多いようです。

保育士等の資格の他に、ピアノ等の楽器演奏や塾講師の経験など、子供にとって有益な特殊技能を持っていると就職の際にアピールポイントとなります。民間資格の取得にプラスして、過去の経験からセールスポイントを探して自分のスキルをアピールしましょう。ベビーシッターとして働く際に有利になる事は間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です