子供の面倒や教育のサポートを実施するベビーシッターは、夫婦共働きが増えている現代社会では求められる傾向にある職業です。しかしながら保育士とは異なり、ベビーシッターと名乗るための国家資格などは存在しておらず、名乗ろうと思えば誰でも名乗ることは可能ですが、やはり専門的な知識や技術が必要なため、何も知らない状態ではべビシッターとして活躍することは難しいのが現実です。そこで注目されているのが民間資格でのベビーシッターの資格を取得するという方法で、資格を取得していれば転職や就職先を探す際などに有利に働く傾向にありますし、お客様からの信頼も得やすくなります。とくに認定ベビーシッターの資格は知名度も高く、難易度も高すぎるといったことはないため、挑戦しやすい資格として人気もあります。

もっともこの資格を取得するためには、満18歳以上で指定された二つの研修を受講修了し、実務経験があるといった条件も存在しています。そして研修については全国保育サービス協会が実施しており、養成と現任の二つの種類が存在していますが、この二つの研修以外にも居宅訪問型保育基礎研修を受講修了していれば、条件は満たせます。また研修受講でなく、協会側が指定した保育を養成する学校において必要な科目を履修して単位取得し、卒業するといった方法もあります。ちなみにこの他にもニチイ学館が主催しているベビーシッター資格取得の方法もあり、資格取得後のフォロー体制が整っている上に、通学だけでなく通信講座でも資格取得を目指せるために人気を集めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です